仕事がハードで精神的に大変な看護師は転職を考える場合が多い?

今、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の外国人看護師候補生という方々を受け入れています。
とは言え、日本語を使った看護師国家試験に3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国しなければならないと決まっています。
就労と日本語の勉強と国家試験に受かり看護師となるために勉強までしなければならないということで、大変シビアであるようです。
看護師の初任給は周りが想像するほど良くありません。
事実、入院して看護師ウォッチをしてみると、重い症状の患者が病院にいなければ、決まった時間に変わりなく作業をするだけですが、その仕事量だけでもかなり大変です。
深刻な患者が入院している場合には、いつもにも増して激務となってしまい、精神的圧力が強まるでしょう。
お年寄り社会が進み、福祉の現場での看護師の重要性は増大しているのです。
そしてしっかりとした会社になると医務室に看護師がいて、健康やメンタル面のケアを受け付けています。
こんなときには、社員として入社するということもあると言えるでしょう。
人口異常化が進んでいる日本で危機とされ続けているのが医療スタッフの不足です。
社会的媒体でも深刻な問題として話題に上がることがとてもよくあります。
ナースに憧れて努力して、国家資格を手にすることができたのに、辞めてしまう人が減りません。
その理由は、理想と現実との差が思っていたよりも大きかったということがあるのでしょう。

看護師として一般企業へ転職可能?【病院以外の求人探しどう?】