ペットローン審査甘いというのは嘘?今すぐ必要なときに使えられるって本当?

アルバイトの人がペットローンを組む場合には条件が増えたり、制限を受ける場合がありますから注意してください。

どの金融機関でも「安定かつ継続した収入」が必須条件となっていますから勤務期間は最低でも1年以上はないと審査に通るのは難しいでしょう。

また、イオン銀行の場合では前年度の税込み年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はありません。

信販会社ではオリコが使途にペット購入費を認めている多目的プランというのがありますがこちらも満20歳以上かつ、安定した収入がある人であれば、アルバイトでもOKです。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンという低金利なローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも借入できます。

楽天市場やクレジットカードで知られている楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱いがありません。

楽天銀行には使途が自由なスーパーローンというカードローンがありますがその他には目的型ローンとして、ブライダルローンやトラベルローン、教育ローンがあります。

一般的に、銀行の目的型ローンは使途が限定されるだけで内容の規定はありませんが楽天銀行の場合は使い道についても限定されています。

楽天銀行には自動車ローンもあるのですがこちらは目的型ローンではなく通常のカードローン(楽天スーパーローン)での対応になります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育を除き、他のローンはすべて通常のカードローンになりますのでペットローンにこだわる必要はありません。

オリコのローンはカードローンや目的別ローン、キャッシングがありますが特にオリコのオートローンは業界のトップをシェアです。

しかし、オリコではペットローンは扱っておらず多目的プランを利用することになります。

よって、ペット販売店がオリコと提携していれば多目的ローンの利用になりますがオリコの審査は非常にスピーディですから、審査条件さえクリアしていればその場で契約することができます。

申し込み条件は満20歳以上、10万円から300万円まで融資可能です。

注意事項としては、オリコから借りるお金が50万円を超える場合やほかの金融機関との借入れの合計が100万円を超えてしまうと、所得証明書が必要になります。

セディナにはペットローンは用意されていないのですが総合目的ローンという商品を利用することができます。

セディナの総合目的ローンは、大きな資金が入用になった際に利用出来るローンです。

ペットショップから発行された契約書などがあれば使途を証明できるのでペットローンにも利用できます。

ローンを組むには満20歳以上であることや、安定継続した収入があり、勤続年数が1年以上と規定されています。

金利は7.8%から11.8%、融資額は5万円から300万円、返済期間は最長5年(60回)です。

ペットローンというローンはペットを購入するためのローンですが借入には変わりませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、所定のローン審査を受けて承認されない限り家族に迎えたい子を見つけてもペットローンを組めないのです。

ペットショップのペットローンに落ちたとか利用できなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は、何らかの原因が必ずあります。

過去に自己破産をしていたりそういうことに覚えがあるという人は恐らく信用情報に問題があります。

また、数社から借金をしているとか申込時の情報に虚偽申告があった場合は問題外です。

ペットローンというサービスを提供している金融業者はまだ少ないですが目的別ローンというサービス名で対応している金融機関は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので法律上は無職や無収入の人でも借り入れることはできますが、ほとんどの金融機関で申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされていることが多いです。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

ショッピングローンのイメージに、なんとなく審査のハードルは低いと思われている方もいるかもしれませんがショッピングローンも「安定継続した収入」が条件になっていることが一般的です。

スルガ銀行は関東では知らない人も多いかもしれませんが、静岡県に本店がある地方銀行でネットバンキングでは全国展開しています。

銀行の場合、ペットローンは多目的ローンで対応するのが一般的ですがスルガ銀行はペットローンを独立した商品として存在します。

スルガ銀行のペットローンは、最大融資額が800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%、支払回数は最大120回払いと非常に良心的なスペックです。

全国どこからでも申込が可能で全てがWeb完結するので来店不要です。

申請の条件には年齢が20歳以上65歳未満であること安定・継続した収入があることが条件になっています。

ローンが組める金融機関にはいくつかありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

パート等で収入を得ている主婦であれば消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制はないので専業主婦でも融資を受けることができますがペットローンに関しては、必ずしも借りられるとは限りません。

参照:http://www.editormyself.com/%E3%83%9A%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB/

スルガ銀行の申し込み資格には「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料を提出しなければいけません。

イオン銀行もペットローンがありますが、学生や専業主婦、無職の人は申し込むことはできませんので専業主婦の方は、旦那さんにローンを組んでもらいましょう。

ペットだってケガや病気になる可能性は当然あるのですが人間のような医療保険制度には程遠いものといえるでしょう。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから生体代金よりも高くつくことも覚悟していなければなりません。

近頃はペット保険が普及しつつありますが、給付条件が厳しいなどあまり実用的でない保険も多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは病気になる確率も低いためペット保険は掛け損だと思う人もいるでしょう。

今は、転ばぬ先の杖としてペット保険に入るのではなく何かあったときにペットローンの利用を考えている人も多いようです。

日用品やDIYグッズが多数取り揃えられているカインズホームでは生体の販売はあまり見かけないかもしれません。

しかし、北海道と東北地方を除いた、関東地方を中心としたカインズホームでは「ペッツワン」というペットショップがある店舗もあります。

ペッツワンのペットはカインズホームのHPから確認することができ犬、猫、鳥・小動物・観賞魚といったカテゴリー別に検索することができます。

ペッツワンでは犬の販売に力を入れているようでトップページには新着犬がランダムに表示されており運命を感じさせる犬と巡り合えるかもしれません。

気に入った子がいた場合は、よその子になってしまうまえにすぐに連れて帰りたいはずですので資金が乏しい場合はペットローンの検討をしてみることをおすすめします。

ペットショップで販売している動物は数十万円という高額なので現金一括払いという人は少数派だと思います。

ペットショップも動物が買ってもらわないことには商売になりませんから信販会社と提携してローンを組めるようにしているショップが多いです。

ショッピングローンはペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払ってくれるというもので購入者は購入代金を信販会社へ分割払いで返済していくシステムです。

クレジットカードでショッピングするのと同じと思われがちですがショッピングローンは購入対象となる商品だけのローンになります。

ペットショップで申請する信販会社のローンはショッピングローンなので審査も速くすぐに利用できるメリットがありますが、追加融資は受けられません。

ペットローンという商品を取り扱っていない銀行や消費者金融などは目的別ローンといった形で使い道を制限し金利を抑えた商品を提供しています。

年利率は、銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社のペットローン、消費者金融となっていますが金利が低いローンほど審査が厳しくなると言われています。

同じ金融機関でもカードローンのように使い道が限定されないフリーローンもありますが、使途を厳しく制限されている低金利ローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはこの中で一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同じ銀行のカードローンに申し込んでみるのも良いのではないでしょうか。

また、銀行カードローンは信販会社のペットローンの審査基準は同程度という話もありますから2つの金利を比較し、金利が低い方に申し込むのもありです。

ペットショップのコジマでペットローンを組む場合はショッピングローンとなり信販会社の審査を受けることになります。

コジマと提携している信販会社はジャックス、セディナ、オリコなどがありますが、多くの会社ではペットローンという商品は取り扱っておらず、目的別ローンとしてペットの購入に利用できるようになっています。

目的別ローンとは使途を限定して低金利で融資してもらえるローンのことで代表的なものとして、マイカーローンなどが挙げられます。

コジマのペットローンとして提携しているオリコの場合は多目的プランという名称で最高300万円まで融資を受けることができ、金利は6.0%から13.2%です。

セディナの場合は総合目的ローンという商品で金利は7.8%から11.8%で最大融資額は300万円となっています。

ペットローンを提供している銀行は少なくほとんどの銀行は多目的ローンという目的別ローンで対応しています。

ペットローンがある銀行はイオン銀行やスルガ銀行などで、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。

イオン銀行の場合は金利が年3.8%から年8.8%で最高借入金額は30万円から700万円、借入期間は最大8年までです。

一方で、スルガ銀行はというと、金利年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年可能で、繰り上げ返済は無料です。

銀行のペットローンはとても魅力的なのがお分かり頂けたかと思いますがその分、審査が厳しくなりますのでご注意ください。

ペットローンを取り扱っている銀行や信販会社は多数ありますがいずれのローンでも返済する際には利息必要です。

金利が低い順だと、銀行、信販会社、消費者金融で金利が低いほど審査基準が上がると言われています。

銀行ペットローンの金利で比較してみると、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランは、年利6.0%から13.2%となっています。

一方、消費者金融のプロミスの目的ローンはというと年利6.3%から年16.5%とかなり高金利となっています。

借入可能な限度額はイオン銀行で700万円、スルガ銀行は800万円なのに対し消費者金融の借入だと300万円しか融資を受けられません。